ホーム > 総務本部 > ジュニア雪とのふれあいツアー

◇ジュニア雪とのふれあいツアー 情報! 特設ページ(旧募集ページ)





 ★2013年12月中旬募集受付開始に向けて情報提供中です。 (12/10公開)
   12月中旬、募集地域にパンフレットを配布されますので募集開始予定。
   募集中(12/16〜)はHPトップスライドに以下の画像が表示されます。


2/1(土) 参加者説明会が開催されます。



  公益財団法人 神奈川県スキー連盟では広くスキーの普及活動を進めています。この事業は児童生徒を対象に、冬季の自然体験・スキーの基礎技術の習得を通して健全育成を目指しています。
  雪とのふれあい、自然と触れ合えるスノースポーツがもたらしてくれる感動体験の輪、友達の輪を広げましょう。ご参加をお待ちしています。

◎ジュニア雪とのふれあいツアー

  1. 菅平高原スキー場晴天率も高く、多彩なコースはスキー上達に最適環境!
  2. 宿泊は場所を変えてダボスエリアにある 菅平パークホテルです
  3. 全日本スキー連盟公認スキー指導員が楽しく指導。
  4. 普段から子どもとふれあっているスタッフが引率。
  5. 大自然とふれあい、スノースポーツの爽快感、そして仲間とのふれあいは、こどもの大きな財産に。
  6. スキー場のいろいろなコースを楽しみながらレッスンを行います!
  7. バッジ(ジュニア)テストを無料で受検できます!!
  8. 前回好評だった参加者全員集合+班別集合写真プレゼントを予定しています
  9. お楽しみ会では当日のスキービデオの上映、ビンゴゲームで景品ゲットで盛り上がれます。
  10. 帰りのバスでも今回のスキービデオの上映を実施予定。

初めて参加する方も安心して参加していただけるように、スタッフ一同、万全を尽くします。 ご質問、不安な点、要望など、遠慮なくご連絡下さい。


PDFファイル SAKジュニア雪とのふれあいツアーリーフレット・申込書
    申込み:・・・株式会社シティフェイス
              東京都千代田区神田須田町1-26 SAN−Aビル2階
              TEL.03-3252-9021  FAX.03-3252-9026
    HP:http://www.cityface.co.jp/top_04_ski.html

PDFファイル ジュニア雪とのふれあいツ参加者しおりサンプル (説明会で配布します)

ジュニア雪とのふれあいツアーQ&A 掲示板
  (帰路状況等、速報情報提供しています、質問はこちらに書き込み下さい)

不安解消!! Q&Aコーナーを用意しました。(随時更新中)

ツアーの現地速報
ツアーの様子などがご覧いただけます


◎2014年2月ツアーPRビデオ (3m:58s)
ツアーの楽しさを4分間でPRする映像です

◎2013年2月ツアーハイライトビデオ (13m:33s)
前回 2013年2月ツアーハイライト映像です

総務本部 青木理事@普及振興委員会



◇Q&Aコーナー
申し込み前〜 申し込みまで
Q スキーは全く経験がありません。大丈夫でしょうか?
普段あまり運動もしないスキーは初めての子供の参加は?
A 毎回10人以上のスキー初めての人が参加しています。それでも全員数回のリフト乗車を経験し、 滑降の楽しさを感じながら、出来た楽しみを経験されています。
1日半の講習ですが、経験豊富な講師陣が遊び要素を取り入れた集合学習からスキーに慣れていただき、 身軽に身動き出来るようになった子供から少人数の班を編成し上達レベルにあった練習を展開します。 上達の遅い子供のフォローも練習方法を変えて一人一人の疲れ具合を見ながら常に達成感を得られるように 考えられた講習が行われ自信を付けてもらいます。
Q どのように教えていただけるのでしょうか ?
A 自己申告の技術レベルを中心に班分けを行います。安全に滑り降りることを中心に楽しめる講習を進めて参ります。 実際に講習を行う中でより効率よくスキーを楽しめるように必要に応じて班の移動も行って、それぞれのレベルで楽しく沢山滑れ、もっと滑りたい、また滑りたいと思って頂けると思います。
Q 保護の付添について、一人では不安です。
A お任せ下さい、万一に備え万全なフォロー体制です、親に頼らず子供同士協力し合って生活、 友達の輪が広がり自立心が養われます。
Q 募集地域を教えてください
A 集合場所となっている厚木、海老名地域の小学校に募集案内を配布しています。
参加申し込みは集合場所に送り迎え可能なら地域は限定していませんので募集案内(申込書)を印刷して参加申込下さい。
Q 募集定員数を超えたらどうなりますか?
A 数人はキャンセル待ちで受け付けますが、定員になりましたらこのHPで募集終了を案内します。
今年は募集地域を藤沢と海老名を追加およびHPでも大募集していますので早めにお申し込みください。
Q (準備中)
A (準備中)
2月1日(土) 参加者説明会
Q 参加者ではありませんが今後検討しています。
A 来年以降参加を検討されている方もどうぞ説明会に来てください。
Q 説明会に参加出来ませんどうすれば?
A 説明会ではビブへの名前入れ(回収して出発受付で渡します)、参加者のしおり配布、 このQ&Aにあるような補足説明を行います。
知り合いが参加の場合は参加者のしおりを依頼します。ビブはスタッフで名前入れを行い、 最後は参加者のしおりを郵送します。
Q (準備中)
A (準備中)
出発前
Q スキーのアンダーウェアーについて(防寒準備はどのていど)?
A 上:タートルネックセーターよりも薄手のフリース又はハイネックセーターとネックウォーマーが良いと思います。
  ネックウォーマーは100円ショップやユニクロなので売っています。
下:タイツもしくはパンストの重ねはきでも良いと思いますがジャージの上にスキーパンツでも良いと思います。
靴下:一般的なスポーツソックス、あまり厚めのもので無いほうが良いでしょう。

スキーウエアーの下には下着、発熱系長袖のシャツ、ジャージやフリースのような上着、 またスキーパンツは直接はかずにアンダータイツ等を身につけてスキーパンツを はくと快適で防寒にも効果的です。
首周りにネックウォーマーや帽子(毛糸やフリース等の)は寒さを防ぐのにとてもよいです。
極寒に対する備えとして、手袋が寒冷地仕様では無い一般的な場合はフリースの手袋を、 アンダー手袋として用意すると効果的です。
またアンダーも余分にフリース系若しくはライトダウンを重ね着すると良いでしょう。
他に発熱系の長そでアンダー(タイツも)の重ね着も有効です。
Q おやつの持参について?
A 必要に応じてご用意ください。(往復のバス、土曜日の夕食前などで食べる分) 土曜日のお楽しみ会はこちらで用意します。
Q 携帯電話、ゲームボーイ等を持たせてもいいでしょうか?
A 持たせても構いません、但し管理は各自になりますので自己責任になります。
Q お小遣いはどれくらい必要ですか?
A 初日の昼食から最終日の昼食まで食事はすべてツアー料金に含まれております。
自由時間や行き帰りのサービスエリアでの飲食やおみやげ等を考えても\3,000ぐらいあれば十分だと思います。
Q バッジテスト正式に合格手続きは?
A 合格発表は現地帰宅バス待ちのときに行います。合格者に仮認定証をお渡ししますので、正式な全日本スキー連盟の公認を希望される方は所定の手続き行ってください。
Q (準備中)
A (準備中)
出発日
Q ツアー中の状況を知りたい
A 募集状況、参加者説明会、出発集合から現地の様子、帰宅までをジュニア雪とのふれあいツアーQ&A 掲示板で随時レポートしますのでご確認ください。
Q 食事をとってから参加するようになっていますが、車内で食べてはいけませんか。また、サービスエリアで子供に買わせることはできませんか。食事をとってからの集合では、時間的に苦しいのですが。
A おにぎり・サンドウィッチなどを持って車内で食事を取る事は可能です。車酔いされる方はお勧めは致しませんが、おにぎりなど1つか2つくらいの軽食がよろしいかと思います。
Q (準備中)
A (準備中)
現地にて
Q 発熱、怪我、病気発症などどのような対応でしょうか?
A 養護教諭が帯同しています。怪我等で緊急を要する場合はお迎えを連絡することがありますが、 そのまま休養程度で団体行動が出来るようならば養護教諭がケアーします。
Q 吹雪など荒天の場合に行事はどうなるのか知りたい
A 現地では、天候によって日程等の変更を余儀なくされる場合はございます。
その状況に合わせて、臨機応変に開始時間、終了時間の変更等を考えながら、可能な範囲で実施していきたいと考えております。 今回宿泊するホテルは、ゲレンデの目の前ということもあり、状況に合わせて行動しやすいと思います。
降雪で朝の会は体育館で何度か行っておりますが、スキーが出来なかったことはこの会場菅平ではありません。
Q (準備中)
A (準備中)
帰りのお迎え
Q 到着予定時刻はどのくらい変わりますか?
A 道路の渋滞状況により1時間程度変動しますが、到着予想時刻は逐次「ジュニア雪とのふれあいツアーQ&A 掲示板」にアップされますのでそれを見て調整してください。
Q (準備中)
A (準備中)


羽石普及振興委員長、 青木@普及振興委員会担当理事


ホーム > 総務本部 > ジュニア雪とのふれあいツアー(ページ先頭に戻る)