ホーム > ハンディキャップ委員会  

ハンディキャップ委員会 H25年度 活動報告

総務本部理事 国島 みどり、ハンディキャップ委員会


 ハンディキャップ委員会では、1月の五竜・3月の車山でのスキー教室と、4月の鹿沢でのチャレンジカップにおいて、 障がいを持つ方々のサポートを行なっています。 また、障がいをもつ方への外出支援法・雪上での介助とスキー指導法について、セミナーを2回開催しています。
 今年度も、多くの障がいをもつ方とそのご家族の方に参加していただきました。 指導員の皆様にボランティアとして、また、賛助会員としてご協力をいただいたことで、 安全に楽しくスキーを体験していただくことができました。
また、平成25年度のスポーツ振興くじ助成金(toto)については、2回のスキー教室を Totoへ会計報告し、審査の結果、 1,265,000円の助成をいただきました。
 皆様のご協力、ご支援があって初めて円滑なハンディキャップ事業の運営が可能になると確信しております。 引き続きご支援をお願いいたします。


<セミナー T  神奈川県 三ツ沢スポーツ会館 2013年10月20日(日)>
参加者:25名  講師:1名  役員:1名  参加費:1,000円
プレジャーサポート協会の馬場氏を講師に迎え、外出支援のための講習会を実施した。
セミナー内容を3つのカテゴリーに分類して6年目となる今回は、C:視覚障がい・聴覚障がいを中心として、より具体的な講習と実践の体験を行った。
 理論・・・障害全般について(プレジャーサポート協会・テキスト使用)
      アイマスク・白杖等を用いての疑似体験を通し、必要なサポート法を体験
 実技・・・視覚・聴覚障がいをもつ方への介助の方法について
      アイマスクを使用してリフト乗降や滑走・介助の方法についてを体験



<セミナー U  長野県 白馬五竜スキー場 2014年1月17日(金)>
 参加者:19名  講師:2名  役員:1名  参加費:3,000円(T参加者は2,000円)
五竜T行事に合わせ、第23回障がいをもつ人のためのスキー教室の前日にセミナーUを実施した。
今回は「Cカテゴリー」となるため、プレジャーサポート協会の馬場氏と内海委員により、 視覚・聴覚障がいをもつ方への雪上サポート法を学習・体験した。



toto助成金事業
<第23回 障がいをもつ人のためのスキー教室
  長野県 白馬五竜スキー場 2014年1月18日〜19日>


参加者: 21名(視覚 4名・聴覚 1名・知的 5名・下肢 6名・家族 5名) 
役員・委員: 9名  ボランティア講師: 19名(うち研修会9名)
前日のセミナーUに参加された方がそのままスキー教室のボランティアをしていただくことができ、 その他の方も経験がある方だったため、5名の視覚・視覚障害をもつ方への講習もスムーズに進めることができた。
また、多くのボランティアの方の協力により、受講者にとっても少数での班分けができたため、 それぞれのペースにあわせた楽しく充実した講習ができたと思われる。
検定会:受検者: 2級 1名 ・ 3級 1名 ・ 4級 1名
合格者: 3級 1名 ・ 4級 1名



toto助成金事業
<第24回 障がいをもつ人のためのスキー教室 
  長野県 車山高原スキー場 2014年3月29日〜30日>


参加者: 65名(視覚・聴覚 6名・知的 17名・下肢 28名・家族引率 14名) 
役員・委員: 12名  ボランティア講師: 52名(うち研修会 6名)
 今回もとても多くの方々に参加していただくことができた。 特に、四肢障がいをもつ方で、ジュニア、初めての方、バイスキーやチェアスキーをレンタルする方が多かった。 これらの方々への介助については、チェアスキー協会から多くのボランティアの方に参加していただくことができた。
 土曜日は天候に恵まれ、雪も十分ある中で、多くのボランティアの方々に協力をしていただいたことにより、 ほぼマンツーマンでの講習会を実施する事ができた。
 日曜日は、あいにくの雨・霧ではあったが、希望者には検定会と講習会を実施する事ができた。
検定会:受検者: 2級2名・3級1名・4級1名・5級2名
合格者: 2級1名・3級1名・4級1名・5級2名



<チャレンジカップ 鹿沢大会 2014年4月4日〜6日>
参加者:7名(視覚 1名・知的 2名・下肢 4名) 
役員・委員:2名  
 4日は、17時から休暇村鹿沢高原にてミーティングを実施。5日は8時40分から開会式、9時からインスペクションを開始した。 天候もよく、程よく冷えて固めのよいコンディションのなか、SL2本を実施。15時から表彰式を実施した。 6日は時々雪が舞う中、SL2本を実施。全員完走する事ができ、良い記録も出ていた。



<ハンディキャップ委員会活動>
8月 7日(水) 社会福祉会館  第1回委員会 : 今年度開催行事の日程と内容の確認
9月12日(木) 県連事務所   作業会@ : 行事案内とボランティアのお願い資料作成
                   第2回委員会 : 行事内容と担当確認
10月22日(火) 県連事務所   第3回委員会 : 行事案内作成と発送作業
11月 9日(土) 川崎市教育文化会館 スキー指導者研修会理論 :
                   行事案内とボランティア協力のお願い
11月26日(火) 社会福祉会館  第4回委員会 : 行事分担確認とDM発送準備
1月 7日(火) 社会福祉会館  第5回委員会 : セミナーU・五竜スキー教室準備
3月 6日(木) 県連事務所   作業会A :車山スキー教室準備
         社会福祉会館  第6回委員会 : 車山スキー教室準備
3月17日(月) 県連事務所   作業会B : 車山スキー教室準備
         社会福祉会館  第7回委員会 : 車山スキー教室準備
4月 3日(木) 県連事務所   チャレンジカップ準備とtotoへの行事報告書作成
4月 8日(火) 県連事務所   totoへの行事・会計報告書作成


<賛助会費>
 6月協会長会議・11月指導員研修会理論・1月五竜スキー教室・3月車山スキー教室等で、多くの賛助会費のご協力をいただきました。
 行事運営費の一部として、大切に使用させていただきました。ありがとうございました。
 合計金額 56,000円  (のべ12の個人・団体の方々より)
  PDFファイル 賛助会費報告

<助成金>
 来年度・平成26年度のスポーツ振興くじ助成金(toto)についても、五竜・車山の2回のスキー教室について申請をいたしました。 毎年参加者が増えているため、より多くのボランティアの方をお願いできるように申請した結果、 190万円の助成金の内定をいただきました。 安全で楽しいスキーをより多くの方々に体験していただけるように、準備を進めていきます。


ホーム > ハンディキャップ委員会